キャリア・STUDY

若手社員が心がけるべき事

皆さんは社会人生活楽しんでしますか??

在宅ワークという人も多いのではないでしょうか?

若手社員はどんな事を心がけるべきなんでしょうか。

ここでの若手とは入社3年目の事を指します!

はっきり言って急ぐ必要はありません。

社会人一年目とは

会社を知り

2年目は知識を増やし

3年目は経験していく!

入社1年目というのは会社や部署の事、上司や同僚のこと、もちろんお客様のことなど、環境や状況について知る!事にフォーカスするべきです!会社はどのように動きているのか、部署の中心はどこか?とか色々知る時期です!

2年目は知識を増やして行きます!インプットはもちろんアウトプットも重要です!brother & sister制度などで後輩に教えていく事で理解して行きます!

3年目も同じ事の繰り返しなのですが、その中で、責任のある仕事を任せられる事があります!もちろんもっと早くから任せらる時もありますが、多くの場合、会社を知り、知識を深めた上で責任のある仕事を任せて貰えます!

20代は学びの連続です!失敗を恐れず、チャレンジしていって欲しい!

学びは現場で多くあります。本で学べない事も多いです。

それは現場を経験した貴方にしか分からない感覚です。

この経験というのは何か?

問題が起こった時、どのようにして問題を解決したのか?クレームは異常が発生した時、どのように乗り越えたのか?

それは本で学べる事ではありません!

手法は本で学べても回答まで教えてくれるわけではありません。

だからこそ20代は死ぬほど学んだ方がいいのです!

様々な手法を使っても問題が解決できない時は一人で抱え込まずに、周りに相談してくださいね!上司や先輩は何に悩んでるのか。知りたい!と思っている事が多いです!またチームで考えることで問題を抽出し解決へと繋げる事が出来ます!

仕事は一人でやっているようで、一人じゃなく、チームでやっている事がほとんどです!

まとめ

若手は積極的に苦労しましょう!苦労は経験となります!そして若手の時はガンガン仕事してください!失敗を恐れないでください。

もちろん失敗したらとても怒られます!因みに私も何度も怒られた事があります。今の立場になって思ったのですが、やはり少しでも期待をしている若手には厳しくしてしまうんですよね!

今は嫌かもしれませんがそれがやがて力になります。後輩へ丁寧に教える事で慕われ、貴方に憧れを持ち!それはやがて遺伝子として受け継がれます!そう考えたら少しは仕事が楽しく感じませんか??

今はまだ会社を知る時期であり、知識量を増やす時期かもしれません。それは貴方がステップアップするためにある課題なのです!チャンスは何時来るのかわかりません。それまではしっかりと土台を作って行きましょう!

スポンサー広告