life&love

ひどくなる前のうつ病サラリーマンのリアルな一日

うつ病サラリーマンは朝から始まる

そう。

朝起きるのは容易なのだが

ここからが大変だ。

出勤する時間になるにつれてドキドキと

動悸が大きくなる。

まずはここから闘わないと行けない。

どうしようもない時は薬を飲む

温かい飲み物や瞑想、ストレッチを行う

着替えが終わると1段階目のドキドキが収まってくる。

次は出勤だ。

何層もの壁が待っている!

出勤の途中何度も壁が入る。

駅に行くまで

①電車に乗る前

②改札を出る前

③歩いている途中

④更衣室

基本ここまで乗り切れば問題はない

業務開始!

いざ業務が始まると次の問題点と戦う!

ミスの指摘

これは自分のミスだから仕方ない。ただこれに加えて他からの依頼についてはちょっと対応出来きなくなった。

特に電話が来ると心拍数が上がり、精神的にきつい。特にたいした事ない電話でも中々これを対応するのが難しくなってしまった。

と言う問題にぶち当たる。

それは心がダメになってからどうもこの依頼対応を上手くこなせなくなった。

動悸がひどくなり正常な精神で最近は仕事を出来ている気がしない。

かなり疲れるという現実だ。定時を過ぎるとそれは落ち着いて来る。

不思議なもんだ。

こんな感じで息苦しさが続く。これは序章なんですが。。。

スポンサー広告