キャリア・STUDY

就職面接で想定される質問と回答をするときのポイント

質問に答える形で、就職面接は進行するものです。

就職面接を成功させるためには、質問者の気持ちを測りながら、答えを返す必要があります。

採用担当者は、就職面接の場では、最初に希望者がどんな人物かを知るために、簡単な自己紹介や、今までの経歴の確認などを行います。

自分のことについて出だしで最初に語ることは、要点をまとめて、これまでの経歴や職務実績について話すことになります。

ある程度の紹介が終わると、今後どんなふうに働きたいと思っているかや、長所や短所などが話題になります。

あなたの長所を知るとともに、短所がその企業にとってマイナスとならないかを判断したり、あなたのキャリアプランがその企業で実現かのうなのかといったことをチェックします。

自分の至らない部分をどう捉えていて、これから先どうつき合っていくつもりがあるかを、客観的な視点で分析する必要があります。

企業がどんな働き方を期待しているかや、自分がその会社で何ができるかを考えて、将来的な希望を語りましょう。

担当者からの質問に答えるばかりでなく、何か質問がないか尋ねられることもありますので、その質問が来ることを想定して質問はないか考えておきます。

この時に質問をしなければならないということはないですが、質問という形をとることで、こちらの関心度を表明できます。色々な質問をされることを想定して、就職面接の準備をしましょう。

その質問で何を面接担当者は知りたいのかを考えて回答をしていくことがポイントです。

スポンサー広告