キャリア・STUDY

高収入の仕事について考えて見た

収入が高く人気のある職業は競争倍率も高くなるので、なかなか就くことはできません。

その仕事をしたいと思っている人が大勢いればいるほど人気は高くなり、就職活動の競争率も跳ね上がることになります。

高収入がもらえるだけでなく、多くの人が羨む憧れの職業といえば、空港に勤める航空管制官があります。年収は800万円といいますから、航空管制官が人気が高いことも頷けます。

飛行機が空港で離発着する時に、管制塔から監視をしている航空管制官がしかるべき合図を出しています。

空港で、航空機が問題を起こすことがないように一切を手配しなければならない航空管制官は、非常に難しい仕事です。

航空機を見間違えることのない視力も必要ですし、たくさんの情報をスピーディーに、正確に処理をする力も必要となります。

数多くの人が航空管制官になりたいと勉強を重ねているようですが、能力的な問題もあり、やりたい人が全員できるとものではありません。

原子力発電所で作業員として働くことも高収入になります。労働力が不足しており、常に新たな求人が出されています。

1年に900万円稼げるといいますので、人気が高いことも理解できます。

もしも、原子力作業員ではなく、原子力発電所の技術者になりたいなら、大学で学位を取るなどして、原子力に対する知識を持っていなければいけません。

高収入だからその仕事につきたいという理由は、それだけで仕事が続けられるとは限りませんが、高収入の仕事自体は魅力的です。

スポンサー広告