キャリア・STUDY

就職には転職スカウトが便利

就職支援サイトのスカウトという仕組みを利用して転職活動するという方法があり、実行している人は多いようです。

転職活動をしたい人は、就職支援サイトに登録する際に自分の情報を記入し、スカウトを希望する人事担当者に見てもらいます。

匿名で履歴書や職務経歴書、自分の希望などを書き込んだ情報が掲示されるというものです。

閲覧できる情報から、企業サイドは欲しい人物が転職活動を行っているかを確認することが可能です。

条件の合う人がいると判断すると、面接を経て採用するかどうかを決定するという形です。

一般的な就職活動では、会社が出す求人を就職活動中の人が探し出し、応募されて初めて企業は相手と会う機会を得るものです。

スカウトの利点は、企業側からも採用の見込みが高い人物を探すことができることにあります。

企業が面接をしたい人物を選び、面接でお互いの接点を改めて探ることができます。

期待通りの人材だと判断されれぱ、面接ですぐに転職が決まることもあります。

転職をする側にしてみればスカウトサービスに情報を載せておくだけで、企業から連絡が来る可能性もあります。ス

カウトサービスに登録する人も増えています。

転職スカウトサービスの場合、経験の少ない人よりも、就職経験があり資格やスキルを持っている人がスカウトを受けやすいという面があるようです。

スポンサー広告