キャリア・STUDY

転職の面接時に問われる仕事を変わる理由について

多くの場合、転職活動を成功させるためには、どうして転職をするかが言えなければなりません。

転職するにあたって、面接で必ず聞かれるのが、なぜ転職しようと思ったのかという理由についてです。

転職に至った理由こそが志望動機にも繋がるため、この質問に対しては明確な答えを持っておかなければなりません。

転職の動機には、これが答えというものはありません。

一人一人の考え方や、事情によっても異なります。

待遇が悪かったから、人間関係でトラブルが起きたから、仕事がつまらなかったからなど、理由は多種多様です。

転職の動機については、面接の場で話すと自分の評価を下げてしまうこともあるので要注意です。

スムーズに転職をするために、何を言うと面接官の評価が下がりやすいのかは、知っておきましょう。

前職の人間関係を転職理由として述べることは控えるようにしましょう。

次の会社でも同じような状況になれば、再び退職することになる可能性が高いと判断されて、採用には結びつきにくくなります。

給料が安かったから、待遇がよくなかったからという理由で転職をしているという話も、よりよい転職先に移動しやすいと判断され、マイナス評価になります。

ウソを言うことはできませんが、マイナスの内容ばかりを挙げていると、面接担当者の印象が良くないことは、理解しておく必要があります。

もしも、人間関係の悩みや、待遇への不満が転職の主な理由だったとしても、面接の場ではキャリアアップのため等の答え方が適しています。

スポンサー広告