キャリア・STUDY

自分を理解する転職ノウハウ

自己分析を終わらせることが、転職ノウハウの第一歩です。

ノウハウ本には面接での答え方や履歴書の書き方など、様々なテクニックが記されていますが、転職を成功させるにはまず自分自信の客観的な評価を出す必要があります。

自分自身のいいところや改善の余地があるところを整理し、それをどう生かしどう対策を取るかが転職のノウハウでは大事になります。

気をつけたいことは、いい点と悪い点をまとめてから、それをどう転職に生かすかを考えることです。

採用担当者に自分に関する情報を印象づけるには、頑張り屋である、集中力がある、という言い方だけでなく、どんな風に集中力があり、頑張り屋であるのかを書きます。

実際の事例を用いると、説得力が増します。例えば、前の職場ではどのような担当をしており、問題が発生した時にどう対応をしてきたかということを書きます。

ノウハウに沿った書き方だけでなく、自分にしか書けない固有の話を入れることで、個性が表れた履歴書を書くことができます。

一歩引いた立場から自分自身を冷静に判断し、その内容を簡潔に書くことが、転職活動で会社にいい印象を与えるコツです。

ノウハウに沿って自己分析をするなら、誰から見てもわかるような成果を出した出来事がエピソードとしてうってつけです。

自分が新しい会社に対してどんなことができるか書くため、その会社が求める人物像や会社の将来像を見極めることも重要です。

転職ノウハウを会得するためにも、まずは自分を見つめ直して自分に関わる情報を整理しましょう。

スポンサー広告