キャリア・STUDY

就職と経歴書の内容

就職活動では、履歴書と並んで職務経歴書も重要です。

履歴書だけでなく、しっかりとした職務経歴書が書けることが大事です。

定まった書式があるのが、履歴書の特徴です。

書く内容も学歴や就職経験があれば入社した年や退社した年、簡単な理由などぐらいで特に難しいものではありません。

多少の違いはあれ、履歴書はほぼ同じような内容になります。その点、職務経歴書は、こう書くという決まりがありません。

周りの人と違う、自分だけの職務経歴書が作れますが、そのせいで書き方がわからなくもなります。

履歴書のような決まったマス目を埋めるような書き方ではなく、職務経歴書はどこに何を書くかも自分で決めます。

自分なりのスタイルがある人は、職務経歴書を通じて自己アピールをするチャンスになります。

しかし、大抵の人は自由書式と言われると困ってしまって、うまく職務経歴書が書けません。

就職のノウハウ本、採用試験に必要な情報を集めてサイトなどからは、多様な職務経歴書のテンプレートが入手できます。

どうして良いかわからない人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

就職の時に必要な職務経歴書の内容は一般的には自分がこれまでに経験してきた仕事内容について詳しく書くことです。

自分は新しい職場ではどのような形で役に立つのか、その根拠となるキャリアや技術は持っているのかなどをまとめます。

職務経歴書にしろ、履歴書にしろ、さほどじっくりと見ているわけではないという企業も存在しているようです。

求人倍率の高い企業に応募する時は、採用担当者が数十秒しか職務経歴書を見ないこともありますので、内容をわかりやすくまとめることが大事です。

スポンサー広告