キャリア・STUDY

ニートの就職と現実問題について

ニートの人が就職を考える時、何が一番の問題になるのでしょうか。

他人と共に仕事をすることができるか、雇用先を見つけることができるかが懸念事項であるといえます。

就きたい職業に年齢制限があって応募できなかったり、お金がなくて教育が受けられないという人もいます。

ニートの中でも外に出る事に対してあまり抵抗無く他の人と一緒に働くという面でも問題が無い場合には、就職しやすい人になります。

パニック障害やうつ病、引きこもりなどの症状がある人は、家から一歩外に出ることも難しいことがあります。

人前に出るのがつらいという人は、採用試験を受けに行ったり、セミナーに行くのも一苦労です。ニートと言っても、いろいろなタイプの人がいます。

全てのニートが、就職の可能性が低いと一概には言いきれません。

外に出たり、他の人と会話をする時にストレスを感じてしまうタイプのニートの人であれば状態を改善しなければなりません。

就職活動をする事自体が、ハードルが高くて、なかなか前に進めない事になってしまいます。

就職を希望する場合、ニートであれば、今どんな状況に置かれているかを考えてください。ニートから脱し、就職先を見つけるためには、自分の置かれた環境をまず知ることです。

スポンサー広告