キャリア・STUDY

会社の就職偏差値

就職偏差値とは、新卒者の就職活動において各企業の人気の高さや入社難易度を数値化したものです。

待遇が良い企業ランキングや、新卒者に人気のある企業の順位がどうなっているかがマスコミで毎年のように取り上げられています。

本来入りたい企業よりも、自分の能力では入れそうな企業のほうに人気が集中しやすいようで、ランキングは企業を選ぶ場合には参考程度といえるかもしれません。

採用する人数の多い企業や、採用の学歴基準が広い企業がたくさんランクインしているようで、その数は会社そのものの評価価値に引けを取りません。

もっと実際の企業の姿に基づいた、学生が企業を選ぶときに頼りになるものとして作成されたのが、就職偏差値です。

就職偏差値の作成は、インターネットの掲示板サイトにおいて、就職活動中の学生たちの見方によってされているといいます。

明確な定量評価に基づくものではありません。

中身の判断基準は自分で責任を持ちましょう。

何が偏差値をつけつ判断の基準になるかというと、W内定したときに選ばれやすい企業、入社倍率の高さ、内定者の学歴の平均が高いことなどだそうです。

裁判官や検察官などは偏差値70以上という高い就職偏差値がついているそうです。

就職偏差値だけを参考にして会社を選択するというのは良くありません。

あくまでも就職偏差値は目安であり、大切なのは自分の考えで選ぶことです。

スポンサー広告