キャリア・STUDY

中途採用をする時の面接の重要性

一般的に、企業が中途採用での人材を求めている時には、既に何らかのスキルや能力を持つ人を探しています。

採用する人材が新卒者の際には、技術や実績は重視しておらず、社会人経験がないということを前提に雇い入れています。

新卒者を採用する時には、面接で確認する事柄は能力や実績ではなく、どのような人となりをしているかが大事です。

対して中途採用時の面接においては、その人の人柄は言うまでもなく、今までの実務経験やこれからの仕事に対する能力の有無が確認されます。

中途採用者の採用試験は、企業にとっては欠かすことができない非常に重要なポイントとなっています。

中途採用が可能な企業を探しているという人は、新卒の時の就職試験とは大元が違っていることを知っておきましょう。

自分自身を、フラットな見方で分析して、今まで行ってきたことや、経験してきた仕事を確認し直すことが大事です。

自分にはどんなことができて、どういった経験を積んでいて、それは新しい職場でどう活かされるのかを話せるようにしましょう。

大抵の企業は、応募者を一次選考にかけてある程度振り落としますので、面接はその次のステップということになります。

せっかく面接に進んだのですから、普段通りの自分をしっかりアピールできるように、日ごろから準備をしておかなければなりません。

面接でのやり取りでは受動的な姿勢にならないように注意して、時には自分が話題をつくるくらいのつもりで場に向かうといいでしょう。

面接対策を十分にしておくことで、心の準備も十分にできている状態で面接の場に赴くことができます。

スポンサー広告