キャリア・STUDY

仕事を辞める為の準備期間について

今の仕事を辞めたいと思う気持ちはふとしたきっかけで訪れますが、会社とはそう簡単に辞められるものではありません。

辞めたいと思い立ってすぐに辞めるのではなく、半年程を退職のための移行期間と考えます。

次の人に、今の仕事を引き継ぐことは非常に重要です。

会社が新たに求人を出し、交代できる人にやり方を伝える必要があります。

後のことは知らないとばかりにいい加減な引き継ぎをしては人に迷惑をかけますし、新しい職場で働き初めても、何らかの形で影響が出てこないとも限りません。

やむをえない場合もありますが、引き継ぎ不十分は社会人としての素地を疑われてしまいます。

次の仕事を見つけるまでには、一般的には数ヶ月掛かります。

急な転職となれば、希望の仕事に就けない可能性もあります。

転職活動をするなら、現在の仕事をしながら時間を何とかやりくりして行うことが賢い方法といえます。

雇用保険や雇用契約書について調べることも必要です。

現住所から通うには辛いような会社に転職をする場合、転居費用や準備時間も考慮に入れましょう。

仕事を変えるにいい時を狙い、辞めたいという気持ちだけに引きずられないようにしましょう。

辞めたいという感情が最高潮にまで高まっていても、やむをえない理由でどうしても辞められないということもあるでしょう。

辞めたいという決意が確たるものなら、雌伏の時はぐっとこらえて仕事の替え時を見極めましょう。

スポンサー広告