キャリア・STUDY

就職と職務経歴書の書き方

就職の時に大切な書類である職務経歴書の書き方に決まったものはありません。

就職活動のノウハウ本やウェブサイトによっても、内容はいろいろとあるようです。

絶対という王道は無いので、いくつかの職務経歴書を比較して一番気に入った参考例をシンプルに使うことをおすすめします。

いいなと思った職務経歴書が見つかれば、自分の情報を書き入れてみるといいでしょう。

採用担当者が一人一人の職務経歴書に目を通す時間は、恐らく一分も満たないのではないでしょうか。

採用担当の人の立場に立って、読みやすいと思ってもらえるような職務経歴書を書きましょう。

もちろん内容第一ですが、書式や書き方がわかりやすい方が、相手の印象をよくすることができるでしょう。

短い時間の中で、経歴書を見ただけで、興味を持ってもらう為には、自分よがりの書き方では無く、採用担当者の立場になって内容を考えて、読みやすい書き方にすることが大切です。

より多くのことをしっかり伝えたくなりますが、だらだらとした書き方では逆効果です。

経歴書の内容は簡潔に整理して書くことが大切です。

会社規模や資本金、事業内容や取扱製品など、前に勤務していた会社の情報など最低限必要な項目は省略してはいけません。

会社の知名度にもよりますが、中小規模の企業に勤めていた人は、企業情報を書かなければ相手に通じません。

読み手が理解しやすいように注意をしつつも、自己の過去の成果を披瀝するような形にはならずに、平易な言葉でわかりやすくまとめることです。

企業がどんな人を採用したいかを把握した上で、自分が相手の求める人材と合致することを職務経歴書でうまく主張できれば、就職活動を有利に導くことができるのではないでしょうか。

スポンサー広告