キャリア・STUDY

仕事探しで評価される点

求人会社側が満足できる履歴書の記入方法を心得ていたり、面接ができるという人は、仕事探しを円滑に進める上ではとても有利で、望む仕事を探すことも難しくなくなります。

希望に近い会社を探すことができた人は、できればそこの会社に採用されたいと考えるでしょう。

思うとおりの会社に採用されるための履歴書や面接のこなし方はどんなものでしょう。

その会社が求めている能力や為人、どういった考え方を持つ人を探しているか知ることが、仕事探しを失敗しないためのポイントです。

事務職希望の人の自己アピール文が、しっかりと的を得たものなっているかはとても重要です。

設立間も無い会社に対して、御社の安定性に惹かれ希望しましたという内容であったならば、大きなマイナス点です。

ごく当然のことかもしれませんが、得意なことや過去の実績のうちの何を相手に強調するかは吟味してからにしてください。

納得のいく仕事を探す過程は、恋愛や結婚と似ています。

目先の仕事探しに捕らわれ、全体がわからなくならないようにしましょう。

面接に出向く時は、服装や外見も重要です。

会社によっては、スーツを着ていかなければならないとは限らない場合もあるので気をつけましょう。

仕事をする気があることを示すことも面接の場では大事です。

あまりに謙虚すぎたり、言葉尻を濁すばかりでは、信頼しにくい人物と見られてしまいかねません。

気概を相手に示せるよう、がんばります、やってみます、といった発言も有効です。

仕事探しは勉強の場でもあります。

例え不採用となった場合でも、自己反省して次に繋げられる様な姿勢でいることも大切です。

仕事探しは、一度や二度の不採用でも次へ次へと挑戦していけます。