キャリア・STUDY

就職活動と転職時のスキルアップについて

もうすぐ大学を卒業することになると、就職活動をするという人が多いでしょう。

就職活動の季節になると、どんな仕事をしたいかを考えて、自分の適性や希望に合致している仕事の候補を出します。

就職活動の開始直後に内定先が決まればいいのですが、なかなか決まらないと、希望を優先してはいられません。

望んでいた会社からの内定は得られなかったけれど、職種は希望の内容で内定をとりたいという方もいます。

身近な人は就職先を見つけているのに、自分はどこの企業からも採用決定の連絡が来ないということもあります。

業界に関する知識を得たり、関係のある資格取得を目指したり、就職活動を有利に進める方法はいくらでもあります。

早いうちから就職活動の用意をしておけばこんなことにはならなかったと悔やむ人もいるようです。

大学生は、ハードな就職活動で納得のいく成果を上げて就職先を決めますが、すぐに転職するような人もいます。

かつては、終身雇用の制度が当然のように存在していますが、最近は転職活動も珍しくはなくなっています。

転職をすることで、前の職場よりもいい待遇で働くことができたり、出世しやすくすることもできます。

転職先を決める時は、就職活動と同様に、自分のスキルや実績を改めて確認される場になります。

転職するかどうかに関わらず、常にスキルアップすることを心掛けるのは、社会人としてたいへん重要なことと言えます。