キャリア・STUDY

大学生が気をつけておきたい就職活動におけるマナー

まだ社会に出ていない状態で大学生は就職活動を行うため、マナーで戸惑うことがあるようです。

特に会社見学の際には、マナーを知らずに訪問すると、その後の就職活動で不利になってしまうこともあります。

就職活動の出だしでつまづいてしまうことがないように、マナーに配慮をして相手企業を訪れるようにしましょう。

大学生が就職活動を行う時に、特にサービス業を希望するなら、レストランやレジャー施設などに行ってみるという方法があります。

気になる会社が運営している店舗に出向いて、知りたい情報を得ることができます。

就職活動を目的としてお店を見学したいという時は、どんなことに配慮をするといいものなのでしょう。

お店に行く場合、客という立場で行くか、就職活動中の大学生として行くかでは事情が違います。

まず客として行く場合にはスーツで店舗に出向く必要はありませんが、あまりラフすぎる服装は良くありません。

記憶に残しておきたいことや、気づいた事柄はメモをとったほうがいいですが、お店から出た後で記録をとるようにします。

就職活動をしていることを明らかにして行くならば、リクルートスーツでの訪問が基本です。

まずは自己紹介をした上で知りたいことを質問し、最後にはお礼を言い忘れないようにしましょう。

大学生の就職活動は、マナーを守って行うことも重視されますので、あらかじめ申し込みをしておくといいでしょう。