キャリア・STUDY

就職活動での面接試験をうまく乗り切るためのコツ

就職活動での一番大きなハードルは何といっても面接試験であり、何度経験しても慣れるものではありません。

面接の目的は、自分自身をいかにして会社に売り込むかです。そのためには自己PR能力が大事です。

学歴、資格といった部分もアピールポイントにはなりますが、基本的には直接話した時の印象などが重視されています。

面接を受ける時には、自分という人材を会社が高く評価してくれるように、準備をする必要があります。

ここ一番という局面では、人は多かれ少なかれ緊張します。程度には個人差がありますが、緊張しない人はわずかです。

考えていることをきちんと伝えられだろうかとか、しどろもどろの返答にならないだろうかなど不安で一杯になります。

不安な気持ちを無くすことは難しいですが、減らすことができます。

何が起きるかわからないことがストレス源になりますので、あらかじめ準備を済ませておくことが大事です。

面接試験では、聞かれる可能性が高い質問があります。対策本などに書かれていますので、答えもつくっておきましょう。

気持ちを安定させるためにも、あらかじめ面接の状況を思い描き、自分の行動を決めておくことは重要です。

かちかちに緊張していても、他の人も緊張している以上、それほど遅れをとるわけではありません。

面接で緊張することは当たり前で、緊張しても大丈夫なんだと思うだけでも、随分と楽な気持ちになります。

スポンサー広告