キャリア・STUDY

面接による選考を経て採用が決定される

採用に向けては書類審査を経て、最終的には面接によって採否が決定されます。

まず最初に応募したい企業を見つけて、その会社の説明会に行ったり、就職サイトの該当サイトからエントリーシートを出します。

採用面接を受けるためには、まず、書類審査を突破する必要があります。

履歴書やエントリーシートの審査だけでなく、簡単な学力テストや、作文審査をしている企業も存在します。

多くの場合、学力テストで見ているものは最低限の学力を持っているかどうかであり

試験結果を理由に落とされことはほぼありません。

企業が採用を決定する根拠にすることは

採用面接の結果であることが大半です。

面接内容は、会社によって異なりますが

新卒採用では数回行われるのが一般的で、人事担当者による1次面接の後、重役による面接を経て採用が決定されるのが普通です。

最初の段階では、面接に関することはほぼ人事に関係する人達だけが行っているものですが、

専門部署が関わってくるような採用面接では、専門部署の担当者がいることがあります。

採用面接の場で質問されることが多いスタンダードな話題などもありますので、心の準備をしっかりして、聞かれそうなことの答えをまとめておきます。

人事としての仕事を毎年続けていると、採用後の活躍が期待できそうな人と、

無難な受け答えのみに終始していて個性が感じ取れないという人との識別は、容易にいくようになります。

面接対策として必要なことは、その時その場所でつけられるようなものではなく

日常的な心がけがいざという時に重要になってきます。

採用面接の場で高評価を得るためには

あらかじめ面接対策をしておくことも重要ですが

日常的な心配りを重視していく必要があります。