キャリア・STUDY

仕事のスタイルを変えた話と社労士勉強。

person sitting in front of the laptop computer

自分は後天的に気を利かせる事を身につけました。

親が歳だって事もあったので、両親の行動に対して気を利かせて過ごしてきました。

特に母親は気が利く人だったので

なんとなく見て、真似ていました。

社会に出てからもそんな感じで

誰かのためになるなら、と受けた仕事は

自分で抱えられる範疇を超えてました。

そして、気づいたら電車にも乗れなくなっていたのです。

生きる意味を見出せず、よく分からない怒られ方をしたり

今度自分が受けた仕打ちは書きますね!笑

メンタルをやられてました。

体調を崩してからは立ち直るのに1年くらいかかり

ほんとに奥さんの支えがなかったら
死んでいたと思います。

今は安定してる事も多いでよかったです。

それでここから本題です!

気が利くってどうしても仕事で都合の良い人にされがちです。

実際そう言う人って自分は必要だなーと思うですけど

ある程度割り切って生きる事にしました。

①「自分は繊細なんだ!って」割り切る。

割り切れないならその場から立ち去る。

立ち去る理由がないならトイレに行く、自販機に行く。

繊細な人って一呼吸が必要なんです。

②気が利かないギリギリを攻める。

これって気が利いてないな。って思う事を考えます笑

例えば、もうすぐプリンターの紙がきれそうだなーって思うんじゃなくて

切れたら入れればいいや!って
くらいに考えます。

でもそう言う雑務は率先してやる。

気が利く人はその前にやりますよね!
それをやめるだけで大分楽になります。

③自分にメリットがありそうな行動しかしない。

気が利く行動ではなく、メリットがある事をやるんです。

それは業務の効率化です。
どうしたら効率良くなるとか
これ以上時間を縮める事が出来ないなら

業務時間が足らないなら
無理という。

立派な信号です。

ここから余談になりますが

自分は
取引先A 2つ
取引先B 1つ
取引先C 1つ
取引先D 1つ

そしてもう一つ取引先Aが増えようとしてた時
限界がきました。

正直3つの取引先で日々の8割近くの時間を割いていたので余裕すらなかった。笑
おそらく慣れてないのもあったんだと思います。

本当に辛かった。笑
毎日、泣いてた記憶があります。

だから気が利く行動を辞めたんです。
と言うかやめざるをえなかった。

サラリーマンってそれでいいかなって思います。

だから気が利く事はやめました。
 

とまーこんな感じで笑

次に社労士勉強の進捗は
労基の復習、労安復習終わりました。
目標達成です。

どちらかというと暗記に重点を置いて勉強してるイメージ。

社労士受かった人のブログやツイート見ると本当に色んな方法してて

常に動画みるとか、ワードカードを使った暗記
ひたすら問題解いて暗記。

みんな凄いぞ。笑

自分は
動画見て、暗記して、動画見て、という感じがしっくり来ています。

この方法だと暗記出来てる感じがしてます!!笑

労災法を月曜くらいまでに終わらせたいなーって思ってる所です!!

来週1週間は雇用と労災の復習というサイクルをやっていきたいなー!!

ではでは最後まで出来る事をやってきましょう!!!^ ^