キャリア・STUDY

資産・負債・純資産のまとめ

今回は自分で勉強した事のまとめになります。見せるというか、メモ前提で書いています。

なので、ちょっと見にくいのはご了承ください。この方が知識の定着が早いと思ったので。

途中でやり方変えるかも知れませんが。

簿記ってそもそも何?

経営活動を一定のルールに従って記録・計算・整理する技術を言います。

簿記の目的は3つ
  1. 財産管理<現金や商品、借入金などを注意して管理する事>
  2. 財政状態の明示<一定時点の財産がいくらあるか>
  3. 経営成績の明示<一定期間の儲けはどうなっているのか>

以上が簿記の目的

簿記は5つの要素に分けられる。

資産・負債・純資産(資本)・収益・費用

今回は資産・負債・純資産を見ていく!

資産とは

現金・商品・売掛け金・貸付金・備品・土地・建物(沢山持っていると嬉しい!!)

売掛金とは:後で代金を受け取る権利

貸付金とは:後で返して貰える権利

負債とは

将来支払わなければいけないお金のこと。これは義務(債務)です。あまり多くない方が嬉しい。

買掛け金や借入金がある

買掛金とは:代金を後で支払う義務

借入金とは:借りたお金を返す義務

純資産とは

資産ー負債=純資産=資本(資本という事が多いらしい。)

 

というのが理解した事です。

 

自分のまとめでした。

スポンサー広告