life&love

ハグの効能

今回は自分に起きた出来事の話をして行きます。

もう半年前くらいのこと、仕事に追われる日々が三週間ほど続いていました。

精神的にもピークに達していました。

もう身も心もヘトヘトで

夜彼女に会いに行きました。

正直、会うのが億劫なほど、疲れていたのですが

それよりも彼女に会いたい気持ち強かったので

やっとの気持ちで会いに行ったことを今でも覚えています。

普段あんまり話さないんですが

その時は

堪らなく聞いて欲しくて

色々溜まっていた事を話した後

ぎゅーっとハグをしてくれました。

どんな薬よりも

彼女のハグは自分の心を癒してくれました。

ハグの効能

ハグをすると、脳内でドーパミンとセロトニンという2つの物質が放出されるんです。

それは、安心感をもたらす“セロトニン”と

快楽物質である“ドーパミン”が分泌され

不安を和らげ、多幸感を得られます。

さらにハグは

絆や社会的行動を高めたり、親子間やカップルの距離を縮める効果があると言われる“オキシトシン”ホルモンも関係しています。

“セロトニン”と同様、心を落ち着かせる効果がある“オキシトシン”しかし最大の特徴は、

スキンシップなどの人と人との親密なコミュニケーションの際に分泌されること。親しい人からタッチやハグをされることで、オキシトシンが分泌されると、温かく幸せな気持ちになるといわれています。

まとめ

  • ハグはストレスを解放する。
  • 多幸感にしてくれる。
  • 次の日も頑張れる

最後はかなり主観が入ってしまいましたが

ハグってこんなに良いものなんだなと

薬よりも効くな!!と思いました。

皆さんも機会がある時は試してみてください!

スポンサー広告