キャリア・STUDY

就職活動の内定ブルー

内定ブルーという悩みも、就職活動にはあるようです。

この内定ブルーが起きるのは、内定が決まった後です。

気持ちが沈んでしまうのが内定ブルーで、自分の就職活動は本当にこれでよかったかと悩んでしまうことです。

それぞれの人によって、内定ブルーになる時期は違うものですが、この悩みを内定通知を受け取って数時間後に既に抱えてしまう人もいるといいます。

出る時は拍子抜けするほどあっさりと出るのが、内定というものです。

そこで失ってしまうのが、これから就職活動を頑張るぞという気持ちの持って行き場です。

別の会社を探さなくてもいいのか、決まった会社で良かったのかと、考え込んでしまうのです。

内定をせっかくもらえたのにと思っても、それが悩みとなってしまうのはやむをえないといえるでしょう。

急激に環境が変わることに対しては、人間は誰でも不安に感じるもので、マタニティブルーやマリッジブルーなどでも同じでしょう。

内定ブルーに就職活動後になってしまったら、じっくり原因について考えてみると良いでしょう。

決まった業種で何をしたいのか、自分はそもそもどうして就職活動でその会社を選んだのかなどについてです。

悩みを言葉にできるようになったら、友人や先輩などに話してみましょう。

内定ブルーといった就職活動後の悩みからは、人の意見を聞き、自分の考えを見直していけば、抜け出すことができるのではないでしょうか。

スポンサー広告