キャリア・STUDY

新卒の採用について

日本国内の景気がなかなか上向かない中、新卒者が採用内定を目指して行う就職活動は苦戦を強いられているようです。

特に新卒者の就職採用数は平成の就職氷河期といわれているほど厳しい状態。

バブルのころとは大きく違います。

この春大学を卒業する新卒者でも、つきたい仕事に絞っての就職活動をしていると、無事に採用を決めることは非常に困難です。

新卒者でそうですから、短大卒や高卒はもっと大変のようです。

退職後の再就職先探しに関しても、うまくいかない人は多いといいます。

求人情報をチェックしても、正社員の募集が著しく減少しています。

派遣やアルバイト、パートといった形での求人ばかりが出ているとされています。

新卒者の場合は、まず自分の希望する就職先に採用されるよう、人一倍さまざまな努力をしなくてはなりません。

けれども、固い決心があっても欲しいものが手に入らないこともあります。

どんなにいい大学を卒業する人でも、希望の職種や業種につけないことは珍しい話ではありません。

希望どおりの就職活動をする前に、その希望でいいかをいま一度考え直してみましょう。

不相応に難しすぎる希望では、実現性に乏しいことも十分にありえます。

理想が高く、新卒の段階では難しいという場合は、必要ならば採用条件に合わせて自分のスキルを高めることです。

スポンサー広告