キャリア・STUDY

就職活動におけるセミナーでの質問

就職セミナーに足を運ぶことで、採用試験に行く前から、企業の人事担当者と顔を合わせるチャンスが得られます。

企業が採用試験より前段階として開催しているセミナーに行くことで、企業の雰囲気や、どんな仕事をしているかを知ることができます。

就職セミナーに参加経験があったからといっても、採用試験で有利になるというわけではないことに要注意です。

原則的に、就職セミナーに来たことがあるかと、採用試験を受けられるかは連動してはいませんが、担当者の中には、セミナーで印象が良かった人を覚えていることもあります。

セミナーの中で、どんなときに自分をアピールできるかというのは、質問の時間にかかっていると言っても過言ではありません。

会社で行われる説明会などでは、自分の発言が可能なのは、ほとんどが質問タイムになります。

就職セミナーに行く時は、自分の存在に目を留めておいてもらうために、言うべき質問内容を幾つかまとめておくべきでしょう。

就職活動のスタートダッシュは、だいたいみんな同じくらいです。

ちょっと早いという人もいますし、周囲に引っぱられるように開始したという人もいます。

採用担当者の感触では、就職セミナーの時にしっかりと質問をする人と、しない人とで、熱意の差がわかるといいます。

就職セミナーの場で質問をしてくるのは、あらかじめ企業について調べていて、知識と理解のある、やる気のある人くらいだといいます。

その会社をどれだけ志望しているか、そのためにはどれだけその会社を調べてきているか、などが質問内容に明白に出てくるからです。

就職活動において内定を勝ち取るためには、準備をしっかりして、セミナーへの参加時から積極的な行動を取ることが大切です。

スポンサー広告