キャリア・STUDY

第二新卒の転職活動について

転職をするに当たって、第二新卒に該当する方は他の方とは別個の対象枠があります。

第二新卒とは、学校の種類を問わず学校を卒業して初めて就職した人です。

就職後1年〜3年未満で退職して転職しようとしている人達の事です。

最近では、短大や大学卒の新社会人の3割〜4割が3年弱で退職してしまうというデータもあるようです。

就職して早々に会社を辞める人が多いという社会状況から、第二新卒という言葉が生まれたそうです。

この頃は第二新卒を積極的に採用しようとする会社も増加し、第二新卒はひとつのステータスとして定着しつつあります。

とはいえ、現段階では第二新卒という言葉にどんな人が該当するのか、明確に認識していないという方も多いようです。

第二新卒のつもりでいるけれど、実際は違うという方も多いようです。

第二新卒の求人を出す会社を入念にチェックしていたのに、自分が第二新卒でなかったために無駄に終わったということもあります。

最初から採用可能性が全くない、条件の合わない企業の求人の採用試験を受けに行ったということも起こっているようです。

社会人経験が1年〜3年ある方が第二新卒なので、卒業後から就職まで留学やその他の活動による空白期間がある方や卒業時期が秋だったという方は第二新卒とは見なされないことに注意をしてください。

新卒者もしくはフリーターという分類になる場合もあり、会社の採用条件にもよりますが、条件が合わない求職者として採用の見込みなしとされるかもしれません。

転職活動を第二新卒者として行う場合、第二新卒に該当するかどうか、自身をもう一度チェックするといいでしょう。

スポンサー広告