キャリア・STUDY

求人募集をしている広告の見方とは

数ある求人商法から、これはというものを見つけて応募する時には、一体、何を基準にして、求人選びをするといいでしょう。

求人欄に書かれていることは大体決まっており、仕事の内容と、条件、立地や給与などです。

中には必要な情報が抜け落ちている場合もありますので、わからない時には電話で確認してみるといいでしょう。

職種は一般的な名称であることが原則ですが、会社独特の呼び方をしていて、実際の仕事の内容が分かりにくい場合があります。

英単語で仕事の名称を表現して、印象操作をしている会社もありますので、名称と実態との間に開きがあるという可能性も少なくないといいます。

求人広告に給与が月額表示されていても、正社員ではなく募集は期限付きの契約社員という場合もあります。

待遇や勤務時間が、求人票の内容と必ずしも一致しない企業も存在しているようです。

求人の内容には、わかりにくいポイントも少なくありません。

給与の書き方には、日給や、年俸の場合などもあるようです。

休日には週休二日制と完全週休二日制などがあり、紛らわしいものとなっています。

保険についても、社会保険完備と、社会保険ありは、区別して見なければいけません。

求人募集の広告を見る場合には、細かいところまでしっかりとチェックするようにしましょう。

スポンサー広告