キャリア・STUDY

海外勤務と海外現地採用について

海外の仕事を目指す人は少なくないようですが、海外の現地採用と日本で採用されて海外勤務になることの違いは一体何でしょう。

海外勤務では、新たに海外で法人を立ち上げる際などに伴う業務や工場管理、生産管理や製造術など専門スキルの高い人がこれに当たります。

採用ポジションとしてはマネジメントクラス迄あり、様々な職種があるのが特徴です。

海外現地採用の場合は、企業のローカライズが進んでいるという傾向から、採用の現場ではニーズが高まりつつあるようです。

ミドルレベルやトップレベルの採用だけでなく、海外現地採用ではクラークレベルの採用もあり、企業によって様々です。

現地採用で仕事を得ることは、ずっとその国にいたいという人に向いています。

転職活動に際して、現地採用と海外勤務では待遇に差が出やすいという傾向があるようです。

あなたのキャリアステップに合わせて、海外勤務と現地採用それぞれのメリットやデメリットをしっかり調べてましょう。

海外の仕事を探す時にどんな働き方を望むか、

よく考えてみましょう。

海外勤務や現地採用のための転職相談会や、語学力を活かした転職セミナー等もあります。

人材派遣会社でも、海外の仕事に転職するための活動をサポートしてくれる人がいる会社も存在します。

インターネットだけでなく、転職相談会やセミナーなど、海外で仕事を得るための役立つ情報は様々な術から得ることが可能です。

スポンサー広告