キャリア・STUDY

パートの仕事をするときには

パートの仕事は正社員の仕事と比較すると、給料は低いことが多く、また安定して働くことができないケースが多くあります。

日本の経済がなかなか上向かない現状では、企業は正社員を増やすより、パートや非正規労働者を増やす傾向があります。

ボーナスはもらえず、給与は安く、契約期間は短いという待遇条件に対して妥協ができるかが、パートで働く人が迷うところです。

労働基準法で定めた基準に従っても、パート労働者もれっきとした労働者の一部ですから、不当に非難したり、攻めたりしていいわけではありません。

パートではたらく人と、正社員とでは、一緒に働いていたとしても、待遇が違っています。

法律では変わりがないとしても、世間一般的には、パートは腰掛け的な仕事というイメージが先行してしまっていることは事実です。

会社によっては、正社員並みに仕事をしており、パート社員であっても転勤も移動もある働き方をしている人もいます。

仕事の内容だけでその人の価値をはかることはできませんが、会社がどの程度その人をあてにしているかは、どうしても個人差が出るようになるものです。

仮にパートで採用されたら、正社員と違う部分を明確にして、パートが期待されている範囲で動くといいでしょう。

パートとして5年間働き続けた人に対しては、本人が望むことて、有期契約から無期契約にシフトすることができることが、法律で決まっています。

このような無期転換ルールに対しては、5年以内で雇いどめをしたり、待遇を変えずに正社員化するなどのやり方で、企業は対処してくると考えられます。

短時間労働となっているパートの仕事でも、有給休暇を取得することができますが、経営者自身が知らない場合もあるので、自分の身を守るためにも基本的な法律は調べておきましょう。

スポンサー広告