キャリア・STUDY

仕事の選択をする時の方法と注意点

納得のいく転職活動をするためには、仕事を選択する時の基準をどうするかや、どんな手段で仕事を探すかが重要です。

仕事を選択する時に考慮すべきポイントとしては、今の仕事で培った経験をよく把握しておくことです。

何となく、今の仕事を続けたくないという理由で退職して、漠然と転職先を探しても、いい結果は得られません。

一度きちんと今の仕事に目を向けて、退職以外の選択肢はないのか、現在に至るまでどんなことをしたきたかを考えてみることです。

一番のネックになるのが年齢であり、将来的なキャリアを形成するために、企業側も求める人材は若さを選考基準とする傾向があります。

今までに経験がない仕事を選ぼうとすると大変ですが、同業種の経験がある人なら、即戦力扱いでの採用もおこりえます。

現代に至るまでの職歴や資格を活かした転職活動をすれば、意外と簡単に就職できるかもしれません。

転職する時にポイントとなるのは、やりたい仕事について明確なものがあるのかどうかです。

求人数が増えているから、何とかなるだろうという思惑での転職はおすすめできません。

一つの会社に長く勤めることができないような人は、転職先を探そうとしても警戒されることもよくあります。

次の会社の面接時には、長続きしないのではないかと思われて、転職には大きなダメージとなってしまいます。

どんな事情で退職及び転職を決めたかはその人の状況によって色々ですが、納得のいく結論を出せるようによく考えることが大事です。