キャリア・STUDY

就職時は多種多様な介護の仕事を理解しておく事が大切

介護の仕事は、これから先、高齢者が増加するにつれ、ますます必要になってくるでしょう。

就職活動をする時に介護職につきたいという人は結構多いですが、そんな中でも介護は常に人手が足りない状況のようです。

介護に関する仕事は様々なものがあり、必要とされる技術や経験も多種多様ですので、介護で働きたい人はどういう仕事をしたいかも重要です。

施設の入居者に対して行う介護だけでなく、家を訪れて介護をする在宅介護に従事する人もいます。

デイサービスや、ショートステイも在宅介護の一つですが、要介護者の家を訪問して、必要なサービスを行うのは訪問介護に限ります。

介護を受ける人が住んでいる家に行き、決められた滞在時間の中で介護サービスを提供するというもので、1日に何件も回ることもあります。

住み慣れた自宅で快適な生活が送れるように介護を行うというもので、身体介護と、生活介護の2種類の介護を提供しています。

生活介護は、掃除や洗濯、買い出しや、料理など家事を代行して行うものであり、身体介護はお風呂やトイレなど、体に関係する介護サービスです。

訪問介護は、利用者の家にまで移動しなければならないので、バイクや車に乗って移動することが多いようです。

ケアマネージャーが具体的な介護プランを作成し、要介護者か必要とする介護サービスを行います。

訪問介護を行った時には、介護記録を詳細につけて、提出することも仕事の一部とされています。

どんな働き方をするかで介護の仕事の仕方は違いますので、仕事を選ぶ時にはきちんと事前調査をする必要があります。